【疑惑】新型コロナウイルスはそんなに怖いの?普通の肺炎と比べてみた

【疑惑】新型コロナウイルスはそんなに怖いの?普通の肺炎と比べてみた

ここ数ヶ月で世界を恐怖のどん底に叩き落した新型コロナウイルス。

中国の武漢市を中心に感染者が発生しておりますが、日本国内の感染もどんどん拡大しており北海道では鈴木知事よりコロナウイルス非常事態宣言発せられる事態になっています。

症状としては、発熱、咳、息切れなどが報告されています。より重篤な症例では、肺炎や呼吸困難を引き起こす可能性もあります。

このように世界的な騒ぎになっている新型コロナウイルスによる感染症ですが、怖い病気なのでしょうか?

感染者数や死亡者数から読み解きたいと思います。

下の表は2020年3月6日12:00現在の新型コロナウイルスの感染者数と死亡者数です。厚生労働省発表

Advertisement

国・地域感染者死亡者
中国80,5523,042
イタリア3,858148
イラン3,513107
韓国6,28442
米国14812
フランス4237
日本3486
スペイン2613
豪州663
香港1042
英国1151
スイス871
タイ471
台湾441
イラク361
サンマリノ161
フィリピン31
ドイツ4000
シンガポール1170
ノルウェー860
オランダ820
スウェーデン600
クウェート580
バーレーン520
マレーシア500
オーストリア410
カナダ360
インド300
アラブ首長国連邦280
アイスランド260
ベルギー230
デンマーク200
イスラエル170
ベトナム160
オマーン150
レバノン130
アルジェリア120
フィンランド120
クロアチア100
マカオ100
ギリシア90
カタール80
チェコ80
ブラジル80
エクアドル70
パレスチナ70
ポルトガル70
アイルランド60
ベラルーシ60
ルーマニア60
パキスタン50
メキシコ50
セネガル40
チリ40
アゼルバイジャン30
ジョージア30
スロベニア30
ニュージーランド30
ロシア30
インドネシア20
エジプト20
エストニア20
サウジアラビア20
サン・マルタン(仏領)20
ハンガリー20
ボスニア・ヘルツェゴビナ20
モロッコ20
アフガニスタン10
アルゼンチン10
アルメニア10
アンドラ10
ウクライナ10
カンボジア10
サン・バルテルミー(仏領)10
ジブラルタル(英領)10
スリランカ10
チュニジア10
ドミニカ共和国10
ナイジェリア10
ネパール10
ポーランド10
モナコ10
ヨルダン10
ラトビア10
リトアニア10
リヒテンシュタイン10
ルクセンブルク10
南アフリカ10
北マケドニア10
合 計97,2623,379

SARSやMERSといった感染力が強く発症すると重症化するコロナウイルスが登場しているので、今回の新型コロナウイルスも連日報道されています。

「とっても恐ろしい未知のウイルス」という印象を植え付けられていますが、本当に怖いウイルスなのでしょうか?

97,262人の感染者のうち3,379名が亡くなるのは致死率が高いのでしょうか?

調べましたのでご紹介いたします。

結論:致死率は低い!!

2020年3月6日現在、新型コロナウイルスによって97,262名中3,379名の方が亡くなっているので致死率は3.47%です。

また、日本国内に限定してみると348名の感染者のうち亡くなった方は6名となっており致死率は1.72%なんです。

一般的な肺炎の入院後死亡率が9%ほどなので、単純に比較できませんが新型コロナウイルスの致死率は低いと考えて良いと思います。

情報源: 市中肺炎患者死亡率(成人)

新型コロナウイルスは怖い?

Advertisement

新型コロナウイルスの特徴を一覧にしてみました。

  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 肺炎を発症する場合がある
  • 何度も感染する可能性がある
  • 37.5℃以上の熱が4日以上続く場合がある
  • 重篤化すると死亡するケースあり
  • 無症状でも感染している可能性あり
  • どんどん変異していく可能性あり
  • 特効薬はない

上記の一覧は厚生労働省や日本ユニセフ協会などのWEBページに掲載されている新型コロナウイルスの特徴です。

これってよく見ると、普通の風邪と全く一緒の症状ですよね。そもそもコロナウイルスは風邪症状をひきおこすウイルスの1つなので当然と言えば当然かもしれません。

予防の基本は他の感染症と一緒

症状は通常の風邪と似たものだし致死率は低いと言ったものの、できれば未知のウイルスに感染したくはないですよね。

そこで厚生労働省が発表している新型コロナウイルスに関するQ&Aを確認してみたところ以下の記載がありました。

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いなどを行っていただくようお願いします。

【厚生労働省】新型コロナウイルスに関するQ&A

予防法は一般的な衛生対策と同様とのことです。

つまり次の4点を徹底することが重要。

  • 手洗い
  • うがい
  • 手などのアルコール消毒
  • マスク着用

ごくごく一般的な対策ですね。子供のころお母さんから教えてもらうやつです。

マスクに関してはほとんどのお店で売り切れになっている模様です。私も何店舗かはしごして探しましたがどこも売り切れでした。

手洗い・うがいをしっかり行いましょう。

正しい手洗いの方法

ウイルス対策で手を洗うんですから、しっかり感染を防げる方法で洗いたいですよね。

日本ユニセフ協会のWEBページに正しい手洗いの方法が掲載されていましたのでご紹介します。

指のすきまや手首までしっかり洗うことがポイントです。

また洗っていない手で目や鼻・口を触ることはやめましょう。新型コロナウイルスに限らずウイルスや細菌を直接体内に取り込むことに繋がってしまいます。

重要なのは免疫力を高めておくこと

Advertisement

新型コロナウイルスは未知のウイルスということで連日私たちを煽るような報道が繰り返されています。

私も情報を調べてみるまでは「本当に恐ろしいことになってしまった・・・自分が、妻が、娘が感染したらどうしよう、、、」と恐怖を感じていました。

しかし調べてみると、未知ではあるものの恐怖の殺人ウイルスではないということがわかりホッとしています。

こういう時に重要なのが免疫力。

免疫力を高めるポイントは以下の4点です。

  • 腹八分目の食事
  • 質の良い睡眠
  • 適度な運動
  • 日光に当たる

免疫力を高めていれば、未知のウイルスが体に入ってきてもやっつけることができます。

地味ですが日々の積み重ねが健康な体を作ります。コツコツと健康習慣を続けていきましょうね。

新型コロナウイルスなんて怖くない!!