すかいらーくが24営業を廃止-従業員のQOLが上がって良いね

すかいらーくが24営業を廃止-従業員のQOLが上がって良いね

2020年1月20日付で、ガストやバーミヤンを運営する すかいらーく が24時間営業を止めると発表しました。

QOL(生活の質)を上げることを人生のテーマにしている私としては、24時間営業は働く人の大きな負担になるので不要だと考えていたのでとっても喜ばしいことです。

でもですよ、発表されたニュースリリースを見ると「あれっ?」と思うところがいくつかあったので、詳しく見ていこうと思います。

24時間営業を廃止するわけじゃない

まずはニュースリリース本文をご覧ください。

株式会社すかいらーくホールディングス(本社・東京都武蔵野市、代表取締役会長兼社長・谷 真、東証一部:証券コード 3197)は、2020 年1月から 4 月にかけて、現在約 150 店舗ある 24 時間営業を全店廃止することを決定しました。

この 24 時間営業店舗を含め、グループの約 560 店舗(ガスト、ジョナサン、バーミヤン、グラッチェガーデンズ、夢庵)で深夜の営業時間を短縮します。

すかいらーくグループ ニュースリリース

ちゃっかり「2020年1から4月にかけて」と期間を区切っています。

な~んだ24時間営業止めないんじゃーん!って感想。うそは言っていませんが、ニュースリリースのタイトルに騙された、、、私の早とちりでした。

しかし会社と従業員のWIN-WINの施策かも

じゃっかニュースリリースのタイトルに騙された感はありますが、この施策の意味を考えてみると意外に会社にとっても従業員にとってもWIN-WINなんじゃないかと思えてきました。

まず会社側のメリットです。

  • SDGsやCSRに触れることで企業のイメージアップが可能
  • (恐らく)利益の出ない時間帯にお店を閉めコストダウン
  • お昼時間帯に従業員を集中して出勤 人手不足対策

次に従業員側のメリット

  • 帰宅時間が早くなる
  • 夜に睡眠時間を確保できる
  • 生活のリズムを作りやすくなる

じゃっかん会社側のメリットが大きいような気がしますが、従業員の皆さんにとっては嬉しい施策なんではないかと思います。

QOL的にもすかいらーくの24時間営業廃止に大賛成です

期間限定ではあるものの、24時間営業を廃止することで従業員の皆さんのQOL(生活の質)が上がることは間違いないと思います。

素晴らしいことですね。私は大賛成です。

朝起きて夜眠る

この人間らしい暮らしを取り戻せることは、とっても大きなことです。太陽に動きに合わせた生活は心身の健康に欠かせませんから。

この施策が期間限定ではなく、ずっと続くものになればいいな~と願っています。

すかいらーくさん、ぜひご検討をお願いします!

って書いているうちに気がついたけど、私ったらミスリードしてる?

2020年1月から4月の期間で段階的に24時間営業を全廃止していくって内容?

人のせいにしちゃいますが、ニュースリリースわかりにくいです・・・。