激務の中でも残業0!自分の時間を作る5つの方法

激務の中でも残業0!自分の時間を作る5つの方法

前回【超重要】あなたの時間を持つことの重要性についてでQOL(生活の質)を高めるためにはあなたの時間を持つことが重要だとお伝えしましたよね。あっ、読んでない方はぜひ読んでみてください。

今回は具体的にどのように「あなたの時間」を作るのか具体的な方法を5つご紹介します。

自分の時間をつくるために重要なのはスピード感

結論から言いますとあなたの時間を作るために重要なのは「スピード感」です。

「いかに早く自分の手元から仕事を離すか」この一点に集中してください。仕事のボールをあなたが長く持ってはいけません。

「そんなのあたり前だよ!」というご意見もあると思いますが、漫然と仕事をするのとスピード感を意識してするのとでは仕事の進み具合がまったく違ってきますので必ず意識するようにしてください。

では具体的にどのようにすればよいのか5つの方法をお伝えします。

自分の時間を作るための具体的な行動

具体的な行動といっても一つ一つはとても簡単なものです。誰でもすぐに始めることができる内容となっていますので取り組んでみてください。

前日の退社時に翌日の予定を整理する

出社とともにスピード感をもって仕事をするには「何をするのか?」が明確でないといけないですよね。

簡単なメモ程度でもOK。前日の退社時に整理しておくことでスタートダッシュを決めることができます。

たった5分程度の準備が、翌日のパフォーマンスに大きな影響を与えますよ。

誰かにお願いできないか考える

あなたの手元にある仕事の中で、他の人にお願いできるものがないか考えましょう。

仕事に得意不得意はつきものです。

それを補い合い高いパフォーマンスを発揮するために組織があるわけですから、うしろめたさを感じる必要はありません。

他の人にお願いするときもスピード感が大切です。相手にも仕事がありますので、余裕をもって仕事をお願いしましょう。

自分の仕事は午前中に終わらせる

今日の仕事は午前中に終わらせるようにしましょう。

私の場合ですがゲーム的な感覚で「タイムアタック」だと思い込み午前中に終わるように仕事をしています。

前日に仕事を整理し、自分以外の人でもできる仕事は他の人に割り振っているので、やるべき仕事が明確になり集中して取り組むことができますよ。

仕事のすすみ具合を積極的に共有

ここまででかなりのスピード感で仕事をこなせていると思いますが、仕事のすすみ具合は上司を含むチームメンバーに頻繁に共有しましょう。

ちょっとしつこいかな?と感じるくらいでOKです。

この共有には3つの効果があります。

1.進捗をしらせることで安心感を与える。
2.クオリティ不足やミスに気が付いてもらえる。
3.休みが取りやすくなる。

この中でも「休みが取りやすくなる」はあなたの時間を作ることにおいて非常に重要なことです。

日頃から仕事の進捗を共有していれば、あなたが休んでも仕事が止まることはありません。これぞチームで仕事をすることの大きな利点だと思います。

もし共有をしておらず仕事を抱え込んでいると、いざという時にチームメンバーにお願いすることができません。なぜならば、あなた以外の人はあなたの仕事内容を知らないんですから。

ということで、チームで仕事をしている場合は日頃から必ず共有を行いましょう。また個人戦の場合でも上司に共有するようにしてください。

ここは時間確保においてキーとなる部分ですので必ず行ってくださいね。シゲトロとの約束です。

午後は勉強タイムにあてる

ここまでの4つの方法を実践していくと午後にある程度フリータイムを確保することが可能になります。

この時間を何に使うのかが肝なのですが「現在の仕事の勉強」にあててください。

私の経験ですが、仕事が滞るのは「判断」が発生したときです。考えることには時間と労力がかかりますから。

この「判断」の「質」と「スピード」を上げることで仕事を効率よくこなしていくために業務にかかわる勉強が必要になるんです。

あなたの業界に関係する法律を勉強するもよし。職場のルールを熟知するもよし。あなたの判断のベースとなる基礎知識を蓄えてください。

知識がしっかり厚みを増してくればこっちのものです。あなたの業務はまわりの人とは比べ物にならないほど早く、そして正確になっています。

この「現在の仕事の勉強」をあなたのルーティーンに組み込むことで、どんどん自分の時間を確保できるような好循環が回りだします。

スピード感を意識して自分の時間を確保しよう

いかに早く自分の手元から仕事を離すか」この一点に集中して日々の仕事に取組んでみてください。

今日からは、会社の仕事はさっさと終わらせ、自分や家族のために時間を使いましょうね。