血流が良くなる-生姜(しょうが)で全身ポカポカ!?

血流が良くなる-生姜(しょうが)で全身ポカポカ!?

イカサシと生姜。カツオのたたきと生姜。紅茶にいれてちょっとオシャレに生姜紅茶。日本人は昔から生姜(しょうが)が大好きです。

一説によると3世紀には中国から伝来していたそうです(なんと魏志倭人伝にも載っている!)。そんな歴史ある食材生姜(しょうが)。私も生姜が大好きで、麺類の薬味にしたり生姜醤油で刺身を食べたりします。

今回は、みんな大好き「生姜(しょうが)」の健康成分について紹介いたします。

生姜の注目ポイントは血行促進

健康に着目したときに生姜に求めるものはズバリ「血行促進」です。寒い夜、、、生姜を入れて鍋を食べるのはしっかりとした裏付けのあることなんです。

ジンゲロールが体の芯から温める

生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分が体を温めてくれる成分です。全身の血管を開き体を温めてくれます。また、食欲増進、殺菌作用、抗酸化作用があり、さまざまな角度からあなたの健康をサポートしてくれます。

一日の摂取量は?

生姜は食品なので厳密に摂取量は定められていません。しかし、辛味の強い食材なので食べすぎるとお腹が痛くなったりしてしまいます。

私の経験では、一般的な薬味としての食べ方がちょうどいいんではないかと思います。量にしてスプーン1杯程度でしょうか。

生姜を毎日少しずつ食べましょう

生姜は血行促進をはじめとして様々な健康効果のある優良食材です。しかし食べすぎるとお腹が痛くなる場合があるので、毎日少しずつコンスタントに食べたいですね。

生姜に限らずですが、昔から食べ続けられている食材にはなにか良い効果があるんだな~と感じているシゲトロでした。

以上、血流が良くなる-生姜(しょうが)で全身ポカポカ!?でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。